スーパー家族日記

僕と妻と娘と息子。家族に起きたことを書きます。

Z会年長『ぺあぜっと』4月号で、たけのこのきんぴらを作った

f:id:sptamuxu:20190502175737j:image

年長長男のZ会4月号、親子で取り組む教材『ぺあぜっと』の中から、たけのこの秘密探しと、きんぴら作りをやった。

f:id:sptamuxu:20190502175749j:image

たけのこの調理なんて、僕も初めて。下ごしらえで、僕だけであく抜き。重さを計って、対応する量の米ぬかを混ぜて煮る。2時間ほど。

f:id:sptamuxu:20190502180035j:image

その後、冷まして冷蔵庫へ。無茶時間かかるんだけど、と思ったら、生たけのこでなく、水煮を使っても良かったらしい。

f:id:sptamuxu:20190502180055j:image

あく抜き後、たけのこの皮を剥く。どの辺まで皮なんだろうと剥きまくると、どこまで剥けるの〜。で、まさかの実はこれだけ! びっくり。

f:id:sptamuxu:20190502180103j:image

ここから長男登場。見守りつつ、包丁でたけのこを薄切りにして、フライパンで炒めて砂糖と醤油で味付け。かつお節をまぶしてできあがり。

f:id:sptamuxu:20190502180154j:image

長男は、コーンの匂いがする。味もコーンみたいと言っていた。たしかに、煮て皮を剥いた色とかヤングコーンって感じだよね。

竹とコーンって、見た目も似てるっちゃ似てるしね。自分としても新鮮なひとときだった。