スーパー家族日記

僕と妻と娘と息子。家族に起きたことを書きます。

大腸がんの精密検査、異常なし!だけど、めちゃツラかったので、これからは良いウ◯コを出す生活をしようと決意

f:id:sptamuxu:20190913091844j:image

大腸がんの検診「便潜血検査」に引っかかって、精密検査で大腸の内視鏡検査をした話です。大腸の内視鏡検査は、これで2回目。ただ、大腸がん検診に引っかかってやるのは初めて、ということで、ちょっと緊張しました。

でも、便潜血検査の結果が悪かったのは、検査当時にかつての痔がぶり返していて、おそらくそのせいだと考えていたので、まあ念のために内視鏡検査を受けたという次第です。

結果は異常なし! でも、やっぱりこの検査はツラい……。もう受けたくない! 何がツラいかというと、腸内を空っぽにするために、下剤を服用して、その後に腸管洗浄剤ってものを水で溶かして2リットル、約2時間かけて飲まなければならないのです。

下剤はまあいいとして、腸管洗浄剤がツラい!! 今回、僕が飲んだのが「ムーベン」っていうんですが、もしかして、腸内を「無ー便」にするからこのネーミング? と今、書いてて思いました。

そんな可愛いダジャレも通じないツラさです。一番のツラさは、マズいこと。看護師さんなどの例えで多いのが、「ポカリスウェットのような……」なんですが、まあ一瞬そんな気もするけどマズい!

これを2リットル、2時間も味わうという地獄。というか、僕は朝7時から飲み始めて6時間かかりました。しかも、最後の一杯はもうやだ! と捨てました。もうすぐ45歳のおやじが。まあ、もうウンコは出なくて、ほぼ透明な液体しか出なかったので、もうええやろ、というこで。

その後、タクシーで病院に行って、14時半から検査。以前、初めてやった大腸の内視鏡検査では、お尻から入れた内視鏡の映像をモニターで見ながらお医者さんの説明を受けつつだったんですが、今回はなんと、薬で眠っている間に検査だと、直前に聞かされました。

で、お医者さんから「検査中はガスを出したくなると思いますが、我慢せず出してくださいね」と優しい言葉をかけてもらいましたが、僕は頷きつつも「出せるかい! 恥ずかしい」と思い、「じゃあ眠くなるお薬入れていきま〜す」の言葉が聞こえたかと思うと即落ち! 寝ながらガス出しまくりだったのだろうか……。

なお、以前の検査では、オナラ一発もこかなかったので、まあ出ない確率のほうが高いと思い込んでおこう!

声をかけられて目を覚ますと、「よく寝た〜」という気分。お医者さんから異常なしとの話を眠気まなこで聞いて、病院を後にしました。

今回の件で思ったこと、痔とかで便潜血検査に引っかかって、精密検査とか、ツラいしお金の無駄だしめんどくさいしなので、これからの生活の目標は「良い便を出すこと」。そう決心しました。