スーパー家族日記

僕と妻と娘と息子。家族に起きたことを書きます。

ボヤきに対するコワい返し!年中長男編

先週の土曜のピアノ、小1長女は学童の3年生のお別れ会出席のため遅刻。僕と年中長男は徒歩で、先生の家に向かっていた。

途中、自販機を前に喉が渇いたと長男。レッスンの時間までギリギリのスケジュールで動いていたため、僕はちょっとイラついてしまった。

僕「ホントに喉が渇いてんの?」

長男「渇いてるよ!」

僕「ホントかよ、まあお茶を持って来なかったお父さんが悪いんだけどさ。買うならお茶をか水だぞ」

チャリーンチャリーンと自販機にお金を入れる

長男「わかってるよ」

いろはすのボタンを押す長男。ガタンゴトンと出てきたペットボトルを取り出す

僕「よし、行くぞー」

長男「お父さん!」

僕「なんだよ」

長男「開けて」

ペットボトルの蓋が開けられず、僕に差し出す長男

僕「え、いろはすも開けられないの?」

長男「水で手が滑って開けられないんだよ」

僕「お前はホントに世話がかかるな〜」

蓋を開け、長男に渡す僕

長男「お父さんだって死んだらタッくん(長男の呼び名)に世話かけるけどね(笑顔)」

……一瞬絶句の僕

僕「スゲーな、お前そんなこと分かるの?」

長男「そりゃあ分かるよ」

僕「タッくん、お父さんが年取ったらよろしくな!」

長男「分かったよ」

満足気にペットボトルに口をつける長男

いや〜、びっくりした。「死んだら」は、高齢になったらを意味しているのかな、とも思ったが、まあ死んでも世話はかけるしな〜。

あまり世話かけないようにがんばらないと、と気持ちを新たにしたやり取りだった。