スーパー家族日記

僕と妻と娘と息子。家族に起きたことを書きます。

高坂希太郎、原恵一が監督。青い鳥文庫の映画化はどこまで続くんだろう

日曜朝のテレビ東京系のアニメは現在、7時から『FAIRY TAIL』(ファイナルシリーズらしい)をやっている。原作は、講談社の『週刊少年マガジン』で連載していた大人気冒険漫画だ。

この日曜朝7時のアニメ枠は、現在年中の長男がアニメに興味を持ちだしてから把握したのだが、長く「LEGO」がスポンサーを務め、『レゴ ニンジャゴー』のアニメをやっていたように思う。

長男もLEGOが好きなため、毎週楽しみにしていたのだが、「あれ? これで終わり!?」という感じのところで、別のアニメがスタートした。長男はかなり落ち込んでいたが、すぐに新しいアニメに楽しみにするようになった。

それは、『こねこのチー ポンポンらー大旅行』と『若おかみは小学生!』。7時から15分ずつ、2018年4月から9月まで放送された。両作とも原作があり、どちらも講談社作品。スポンサーからLEGOが下りたのだ。(最近はまたCMやってるけど)

前者は漫画誌『モーニング』で連載されていた『チーズスイートホーム』、後者は同名タイトルの子供向け小説が原作だ。特に後者で僕は、講談社に子供向け小説レーベル「青い鳥文庫」があることを知った。

また、『若おかみは小学生!』は映画にもなり、2018年9月から公開された。監督を務めたのは高坂希太郎。彼のアニメ映画監督デビュー作『茄子 アンダルシアの夏』の原作漫画が好きだったので、印象に残っている。(これも講談社の漫画)

そして、この4月、青い鳥文庫の人気作だという『地下室からのふしぎな旅』がアニメ映画『バースデー・ワンダーランド』として公開される。監督は原恵一。『クレヨンしんちゃん』の映画シリーズの監督として特に有名だ。

どこで聞きつけてきたのか、小1長女が『バースデー・ワンダーランド』を見たいと言うので、ぜひ僕も一緒に見に行こうと思う。(原恵一目的で)

注目を集める監督を起用して、青い鳥文庫からの映画化。いったいどこまで続くのだろう。そして、日曜7時~7時半のテレ東アニメ枠の次回作は!? この前、Twitterで話題になってた、『マガジン』で昔やってた中華料理漫画だったりかな?


映画『バースデー・ワンダーランド』90秒予告【HD】2019年4月26日(金)公開