スーパー家族日記

僕と妻と娘と息子。家族に起きたことを書きます。

子供の「なんで勉強しなきゃいけないの?」という質問には、「良い大人になるため」と答えています

あるとき、小2長女に「なんで勉強しなきゃいけないの?」と尋ねられ、しばらくの間は「いっぱいお金をもらえる仕事ができるようになるため」みたいな答えを返していました。

でも、自分でも「なんかしっくりこないな~」と思い、考えたところ「良い大人になるため」という答えが、今のところ良い気がしています。

国語でコミュニケーションを学んだり、算数で最適な行動を取る能力を磨くなど、将来につながるステップが、勉強には多くあるな~と思えるようになりました。子供たちを良い大人にできるよう、がんばるぞ。

京都アニメーションの事件は本当につらい。そして最近、嫌なニュースが多い気がする。それとも、情報社会だから目に付くのでしょうか。良い世の中になりますように。

44歳、大腸がん検診に引っかかったぞ!腸管洗浄薬を飲むのが嫌すぎる

5月に、胃がん&大腸がんの検診を受けたところ、後者で精密検査の案内が来ました。胃がん検診はバリウムで、大腸がん検診は便潜血検査だったんですが、便潜血、つまり血が含まれてたんですね。

多分な~、過去にやった痔が復活してきてるんですよ、ホントは。でも、精密検査しろと言われれば、やっとかなきゃスッキリしないし、さっそく病院に行って、大腸の内視鏡検査の予約をしてきました。

内視鏡で大腸を検査するのは、次で2回目。お尻から内視鏡を入れるんですが、麻酔的なものを使うから(?)、正直苦労しません。実は、つらいのはその前、腸を空っぽにするために、下剤を服用して、その後に腸管洗浄薬ってものを水で溶かして2リットル、約2時間かけて飲むことです。

これがまずいんだ。前回は、病院からポカリスエットを薄めたような味と聞いていたものの、飲むにつれてどんどんまずく感じるようになり、最後には鼻血を飲んでいるかのような味でした。

前回の病院では、ちょっと高いけど梅ジュース的な味もあると提案されていたので、今回はそっちにしようと思ってたんですが、なんと、今回の病院にはありませんでした。やはり、ポカリを薄めたような「あまじょっぱい」味だそうで、僕が「苦手なんですよ」と話すと、看護師も「みなさんこれがつらいと言われます」と教えてくれました。

やっぱりそうなんだ。やだな~。毎年受けさせられるとかになると、めんどうだしお金かかるし最悪なので、まず便潜血検査に引っかからないように、健康な便が出る生活をせねばと、考えを改めました。

44歳初骨折、この歳でまだまだ新境地を楽しめるとは…

このところ、とにかく忙しく、ブログを書いていませんでした。その忙しさの最終日に、転倒して右肩を骨折してしまいました!

いや、骨折が判明したのは本日で、転倒は10日ほど前。深夜で(ちなみにシラフです)救急外来しかなく、レントゲン撮って、見てくれた先生も専門外だったため、骨折が見抜けなかったのかな?

加えて、僕がもともと右肩を脱臼したことがあり、これまで何回か外れて自分で入れてみたいなことをしていたので、「今回は亜脱臼かな」とか余計な情報を与えてしまったのも悪かったかも。

そのときの診断結果は「肩鎖関節の亜脱臼」。鎖骨と肩甲骨をつなぐ関節の亜脱臼の、一番軽いレベルとのことでした。

で、紹介状を持って、地元の整形外科に行って、救急の見立て通り「まあそのとおりでしょう」みたいな診断になり、「1週間後にレントゲン撮らせてください」って、撮ったら「あれ? ここ剥離してないか?」となり、ちょうど近くに肩に詳しい先生がいるからと紹介状を書いてもらって見てもらったところ、骨折が判明しました。

いや~、44歳にして初骨折。痛みが少ない(動きによっては痛いけど)のと、仕事に今のところあまり支障がないので、これも良い経験だと、ポジティブにとらえています。

転倒から骨折判明まで「日がたっていて、今さら手術ってのもなんだから、骨が形成されてくっつくのを待ってみましょう」ということになりました。

また来週、レントゲン撮って診察です。これからしばらく、自分の骨の成長を見守れるのかな?

私の「梅雨だる」解消法

アホくさ、と思ったら一気に背中あたりがスッとして、だるさが解消されました。経緯は以下。

金曜日から、久しぶりに体がだるく、何もやる気が起きず、やたら横たわっていました、雨模様の気圧のせいか、などと思いつつ。

今日は子供たちのスイミング。いつもは自転車ですが、雨が降っているのでタクシーで向かい、早く着きすぎてしまいました。

よって、子供たちと待機スペースで過ごしつつ、スマホで「梅雨 だるい」とweb検索。ヒットしたページを2つほど読んだところ、思いました。

アホくさ、だるさの理由を自分に都合のいいキーワードで探す無意味さ……。それに気づくと、だるさがかなり和らぎました。

今は肩に少し張りがあるくらいで、心はスッキリしています。びっくり。

主語の教え方!小2長女が理解しやすいよう悩んだ話

小2長女、国語で主語と述語を習ったそうなんですが、Z会のドリルの丸つけをしたら、4割くらい間違ってる! どうやら、主語のほうがいまいち分からないようです。

どう教えたらいいものか……。そこで僕は娘に「みもり(娘)、主人公って言葉分かる?」と質問。すると、こっちはまだ理解できたようで、絵本やアニメにたとえてみました。

「主語の『主』と、主人公の『主』って同じ字なんだよ。だから意味も似てて、主語は、この文の主人公みたいなもの」

「『桃太郎』の主人公は桃太郎だろ? 『おしりたんてい』の主人公はおしりたんていだろ? 『クレヨンしんちゃん』の主人公はしんちゃんだろ?」

「桃太郎はとっても強い、とか、おしりたんていが紅茶を飲む、とか、しんちゃんがケツだけダンスを踊る、とか」

「ナニナニ『は』とか、ナニナニ『が』とか、『は』や『が』がつく言葉が主語ね。文の中で、一番大事な主人公の言葉」

娘は、なんとか理解してくれた模様。あとから書き起こすとスムーズに教えてるようですが、かなりつまりました。

たとえば、「大事」って言葉を、思わず「メイン」とか「重要」とか言ってしまったり。子供に教えるって、なかなか骨が折れますね。

ふるさと納税で母の日に贈った花!2種類をレビュー

f:id:sptamuxu:20190516041215j:image

今週のお題「母の日」。僕の母親と、妻の叔母さんに花を贈りました。ここ数年、こういったイベントのプレゼントには、ふるさと納税の返礼品で、別住所に配送できるものを利用しています。

今回のプレゼントの予算は各1万円。ふるさと納税のサイトで、その金額の寄付でもらえる花を検索して、よさげなのをピックアップ。僕は、以下の2種類で迷いました。

・愛知県蟹江町の「エラチオ-ル  ベゴニア1鉢」

・茨城県笠間市の「ポットカーネーション 鉢(15cm)2鉢」

ベゴニアのほうがちょっと変わってていいかな、と思ったんですが、問題は“本当に良い物なのか”。正直、ネットで花を買うとか、まだクオリティー面でちょっと怖く感じる僕です。

よって、ふるさと納税の際は花に限らず、その返礼品を生産などしている事業者名を検索し、サイトなどをチェック。すると、よくあるのがサイトの更新が止まっていたり、何年も前のブログが最新記事だったり……。

大丈夫かな~、と不安になりつつ。さらに検索結果を見ていくと、その事業者が商品を納品したお店のブログとかも見つけられて、そういった記事を見て「ああ、ちゃんと活動してるな」「わりと評価高いな」などと心配を取り除いていきます。

ただ、今回は「ベゴニア」と「カーネーション」で迷い、自分の母親にはちょっと冒険してベゴニア、妻の叔母さんには守りに入ってカーネーションを贈りました。

叔母さんには、僕や妻が仕事から帰るまで子供を預かってもらうなどお世話になっており、そんなお迎えのタイミングで届いたカーネーションを見ると、無難にまとまった安心のクオリティーでした。

そしてベゴニアは、母親から「とても見事な赤で綺麗だわ」と、ガラケーの写真とともにメールが届きました。こちらも、心配はいらなかったようです。

記事冒頭の写真が、叔母に贈ったカーネーション。もう1鉢、黄色のも届いたそうです。母親へのベゴニアは以下。ガラケー写真でちょっと粗いですが。

f:id:sptamuxu:20190516041228j:image

中二時代、抜け落ちたウ○コの記憶と、思い出深いウ○コの記憶

週末、年長長男&小2長女と自転車で外を走っていると、どこからともなくバキュームカーが活動中のようなニオイがしてきました。

そう言えば、実家は僕が中二のときに下水道が整備され、トイレが水洗になったな〜と思い出し、子供たちに「ぼっとん便所」について尋ねてみました。

すると、二人とも知らず、そこからしばらく、世の中には、ぼっとん便所というものがあり、定期的にバキュームカーでくみ取ってもらわなきゃいけないという講義をしました。

しかし、二人ともよく分かっていない様子。まあ、そのうち知るだろうと、しみじみしていると、ひとつの疑問が!

実家のトイレをぼっとんから水洗に変える工事中、どうやって用を足していたのだろう!? 普通に考えれば工事現場やイベントにあるような仮設トイレでしていたんだろうけど、まったく記憶にないのです。

旧トイレと新トイレは同じ場所に設置され、大便器、小便器の位置を入れ替えて時間差で施工したなどもありません。中二で、トイレがぼっとんから水洗に変わるという一大イベントの重要箇所の記憶が抜け落ちるとは、自分の頭がちょっと不安。

ちなみに当時、楽しみにしていたテレビ番組のひとつに、『仮面ライダーBLACK』があるのですが、僕はそれのパロディ漫画を描いて、友達に読ませていました。

主人公の名前は、原作の南光太郎を中二ギャグでパロった運光太郎。こっちのウ○コは覚えてて、あっちのウ○コは定かでない……。不思議だなぁ。